お祭りで屋台を出店するときの照明用の電源確保

屋台を構えて地域のお祭りに出店するというときには、屋台に使うための一式の設備を準備しなければならないでしょう。

テントと屋外でも使える調理機器を揃えれば通常のお祭りには対応できますが、意外な苦労が生じてしまう場合があります。

地域で行われている場合には設営の際に照明を周囲に準備していることが多いものの、必ずしも調理や販売を行うのに十分なものが用意されているとは限りません。

お祭りに来てくれた人が夕方や夜になっても歩くのに不自由しないように設計されている場合が多く、出店している人のことはあまり考慮されていない場合があるのです。

そのようなときには電源を確保して照明を準備しなければなりません。

調理機器も電源を必要とすることが多く、地域からその準備が行われていない場合もあります。

屋台の出店をするときには予めその状況を確認しておくことが大切です。

もし適切な照明がないとわかったらまずは電源のレンタルをして確保しましょう。

電源レンタル専門店であるECO-POWERでは1日から3日間程度の短い期間でのレンタルを実施しているのでお祭りの屋台を出す期間だけ調達するのに優れているでしょう。

容量も三つの規格に分かれていて、容量の大きいものほど高くなるという仕組みになっています。

照明だけのために用いるのであれば小容量のものでも十分であり、ECO-POWER 1200でも十分かもしれません。

しかし、屋外での利用を考えるとECO-POWER 6400はタイヤ付きで動かしやすいというメリットがあります。

防滴、防塵設計になっているので屋外利用の場合にはECO-POWER 6400を選んでおいた方が無難です。

また、調理機器も用いるという場合には大きな容量が必要になるため、ECO-POWER 6400を利用しておくのが安全策でしょう。

一つだけレンタルして幾つかのお店で共有するという方法も選べるので、大きな容量のものを手配して皆でうまく使えば費用も分散させることができます。

暗くなってからあまり長くは営業しないという場合には特に分散して利用することを考えると費用対効果の高いレンタルを行えるでしょう。

お祭りで屋台を開くというときにはどのお店でも電源を準備しているということもよくあります。

照明に限らず電気がなければ使えない機器を使うことが多いからです。

その点も考慮した上で適切なものをレンタルすると滞りなく販売を行えるようになります。




コメントを残す