発電機が使えないというときに屋内で使用できる代替品とは

発電機を設置しているから電力供給がストップしてしまったときでも大丈夫というのは必ずしもいつでも言えることではありません。

故障して使えない状態になってしまうことは発電機には珍しいことではなく、適切なメンテナンスを行っていなければ突然使えなくなって困ることがあります。

企業での法定停電のときに業務に差し支えないようにするために発電機を用意することは散見されますが、
その直前になって使えないという事実が発覚すると動転してしまうかもしれません。

しかし、そのような場合でもECO-POWERを利用すれば問題は解決できます。

ECO-POWERでは大容量バッテリーのレンタルを行っていて、連絡してから速やかに手配を行えるようになっています。

明日が法定停電だというような場合であっても速やかに対応してもらえるでしょう。

もともと発電機で電源を供給している機械があって、修理が終わるまでは電源を代替品で供給したいというときにも長期的なレンタルを行うことが可能です。

最短では1日から3日、比較的長い標準的な契約では11日から30日というものがありますが、それ以上の期間であっても個々に対応してくれるシステムになっています。

特に法定停電対策のように屋内で使用できる代替品が必要だというときには大容量バッテリーは優れています。

用途に応じて適切なものを選べるからです。

発電機を持っている企業では停電が起こったときの非常電源として考えていて、
使えないとわかったときには特定の機器だけはいつでも電源が供給される状態にしなければならないという場合もあるでしょう。

そのときにはUPS機能の付いているECO-POWER 2500をレンタルすれば電力供給が止まってしまったときだけ利用できるようになります。

法定停電の際にもパソコンなどの電力供給を行うことができ、停電になってから特別に操作をする必要はないので簡便です。

ECO-POWER 2500は屋内での利用に限られていますが、もし屋外で利用したいというときにはECO-POWER 6400もあるので利用を検討してみましょう。

また、監視カメラやディスプレイなどを作動させるだけの小容量の電源で良いというときにはECO-POWER 1200というやや小容量のものもあって安くレンタルすることが可能です。

突然の故障で困ってしまった場合の代替品として大容量バッテリーのレンタルを利用できるのは覚えておくと良いでしょう。




コメントを残す