野外で行うPV撮影のカメラのためにレンタル電源の用意

PV撮影を行って販促を行うときには大掛かりな
野外撮影を行う必要が生じる場合がよくあります。

遠くの地にまで移動して撮影をすることになる場合は多く、
一日がかりでも終わらない場合もあるでしょう。

世界各地を転々としながら撮影を行っていくという
大掛かりなものもあります。

その要となるのは撮影される被写体でもありますが、
撮影に必要となるカメラについてもよく
考えなければならないでしょう。

長時間の撮影になるとバッテリーが足りなくなって
しまうことはよくあります。

特に海外の場合には充電ができない期間が
長くなってしまうことも珍しくありません。

発展途上国を利用するときにはホテルに
行ってもコンセントがないという場合は
しばしばあります。

そのようなときにもカメラの電源を確保
できるようにしておくのは重要になるでしょう。

レンタル電源の利用は効果的な方法の一つであり、
ECO-POWERを利用すると移動可能な小容量のものも
手に入れることが可能です。

ECO-POWER 1200は最も小さなサイズのものであり、
1000Whも使用可能であることからカメラの
充電であれば問題ないでしょう。

屋外で使用することはできないものの、
野外でPV撮影をしているときにバッテリーを
持ち帰って充電してくることは可能です。

数日のレンタルであれば費用も数万円で済むため、
費用対効果の高い電源対策になるでしょう。

より大きな電源をレンタルしておいた方が
良いという場合には二倍の容量がある
ECO-POWER 2500や五倍もの容量がある
ECO-POWER 6400も利用できるようになっています。

特にPV撮影のときに他の機材も使用するというときには
合わせて電源を確保しなければならないでしょう。

屋外で消費電力の大きい機材を使用する場合には
ECO-POWER 6400を利用すれば問題ありません。

屋外使用が可能になっているのは
ECO-POWER 6400だけなので注意しましょう。

PV撮影が長引くことが明らかで野外撮影の
現場で必要になるということがわかっているのなら
ECO-POWER 6400を選んでおくに越したことはありません。

5000Whもの大容量があるので長期的に
使用することができるでしょう。

短い距離の移動であればタイヤが付いているので
転がしていくことができます。

車にも載せられるサイズなので他の機材と
一緒に車に載せて運べば大きさの
問題もあまり発生しないでしょう。




コメントを残す