野外イベントに欠かせない実施の機材や照明の電源の確保

野外イベントを実施するときには必要なものは全て自前で会場に準備しなければなりません。

会場によっては設備が多数揃えれられていて、事前に会場の予約を申し込んだときにレンタルできるようになっている場合もあるでしょう。

そのような充実した会場を使用するときにはあまり大きな問題は発生しませんが、

路上ライブを行いたい、
公園で販促を行いたい、
街頭公演をして全国ツアーを行いたい

といったような場合には整った野外会場を使用するのとは状況が異なってしまいます。

このときには必要な機材や照明を使用できるように電源を確保しておかなければなりません。

電源を確保する方法として有用な選択肢の一つがレンタルです。

必要な容量のある電源をレンタルしてイベント期間中は借りたままにしておき、終了後には返却するという手続きを取れば良いでしょう。

発電機に比べると安価に利用できることに加えて故障が少ないのがメリットです。

発電機の故障によってイベントを中止しなければならなくなるという事態はしばしばあります。

その対策として電源のレンタルを考慮しておくのも賢いと言えます。

ECO-POWERはそのレンタル業者の一つとして野外での利用に適したものを提供しています。

ECO-POWER 6400は大容量で屋内屋外両用の製品です。

比較的小さな規模で時間も長くない場合には一台を用意するだけで十分になる場合もあります。

容量として6400kWhが確保されていて、同時に3000Wまで供給できる設計だからです。

500Wの使用であればおよそ10時間分の電気を蓄えているので、音響機材や照明を利用する程度であれば一日一台で不足することはないでしょう。

ツアーイベントのように連日実施するというときには長期的にレンタルすることも可能です。

最短の期間は3日になっていますが、それ以降も4日から5日、6日から10日、11日から30日といった形で料金設定が行われています。

全国ツアーをするような場合にはこのような長期のレンタルも検討してみると良いでしょう。

そのレンタル期間は自分で毎日充電する必要がありますが、およそ半日で満充電にすることができます。

イベントが終わったら充電を行い、翌日にまた使用するというサイクルを繰り返していけば問題なく使用可能です。

車に積むこともできる大きさなのでどのような会場にも簡単に運んでいくことができるのは魅力であり、ツアーの実施の際には特に重宝するでしょう。




コメントを残す