電源がない場所でドローンを充電するには!

ドローンは、電池を使って飛行することができる機器で、
現代では業務用から個人の趣味まで幅広く利用されています。

安価なものもありますが、高価な業務用のものは
電池も相応の内容量があります。

また電池の内容量が30%を切るとさまざまなリスクが
高まるため早期に充電することが求められます。

通常は家庭用の電源を使って行いますが、
電源がない場所では新たな電源を用意しなければいけません。

電源がない地域において電源としてもっともよく使われているのが
自家発電機で、エンジンを使って発電をするというものです。

メリットはガソリンなどの燃料があれば、
電気を得ることができるということですが、
デメリットとして排気ガスと騒音が発生します。

またガソリンは揮発性の高い燃料ですので手が汚れたり
取扱には危険が伴うといったことがあります。

また自動車から電源を取る方法もありますが、
エネルギーの効率が悪く効率的とはいえません。

その一方で注目されているのが、
大容量バッテリーを搭載した電源装置です。

バッテリーによる電源装置のメリットとしては、
エンジンなど駆動する機器を使わないので
騒音や排気ガスが発生しませんし、
ガソリンなど燃料も使わないので手が汚れることもありません。

以前のバッテリーといえば最大容量が限られていましたが、
現在では従来バッテリーも高性能化しており、
また性能そのものが高性能なリチウムバッテリーなどがあり、
さまざまな分野で利用が可能です。

これらの電源を使ってドローンといった機器への充電も可能です。

高性能なバッテリー電源では、
最大3000w程度まで利用することができ、
蓄電量も5000wを超えるものもあります。

この場合には省電力で50w程度のテレビや
ノートパソコンであれば90時間、1000wの照明であれば
4.5時間も利用することができます。

もちろんLED照明などを使えば、
90時間以上も照らすことができます。

また持ち運びができるコンパクトなものでも最大で1500w、
蓄電量も2000w程度あるので、十分に使うことができます。

ドローンの場合にはバッテリー量は機種によって異なってきますが、
バッテリー電源でも十分に充電することができますし、
何度も充電が可能です。

もちろんドローンに使うだけでなく操作するための
スマートフォンやタブレットも利用することができるので、
電源がないような場所における汎用電源として
利用するのには適しています。




コメントを残す