電源確保の方法としての発電機と大容量バッテリーの比較

コンセントがない場所で電源を確保したいときに利用できるものとして発電機と大容量バッテリーの二種類があります。

どちらも電気を蓄えておいて必要なときに電源を入れると供給できるものですが、使い勝手を考えるとそれぞれに特徴があるので比較しておきましょう。

両者に共通しているのはコンセントのようにして電気製品のプラグを差し込み、電源を入れれば必要な電力を供給できる点です。

また、どちらも比較的サイズが大きく、重量も重たくなっていて携帯するには向かない仕様になっています。

使用したい場所に設置した上で利用しなければならない点では共通しているのです。

それに加えて大きな蓄電量や電力供給量が必要な場合にはサイズが大きく、重さも重くなってしまう点でも違いはありません。

発電機の方が大容量に対応できるというメリットがありましたが、ECO-POWERのように大容量バッテリーを供給できる業者が出てきたため、その点を比較して優劣をつけるのは難しくなって
います。

しかし、現状としてECO-POWERでも供給できるのは5000Whが限界であり、それ以上を求めようとすると発電機を利用することになるでしょう。

ECO-POWERのようにレンタルで気軽に利用できるサービスも両方共に広まっています。

一方、発電をするメカニズムについて見てみると違いがあるとわかります。

発電機は基本的にはファンを回転させるエネルギーを使って電気を貯めているのが特徴であるのに対し、大容量バッテリーでは化学的に電気を生み出せるようにしているのが特徴です。

使用する側として違いはないと考えてしまうかもしれませんが、バッテリーの方が優れている点が二つあります。

一つはファンの回転が必要とならないため、音を発生させないのがバッテリーのメリットです。

静音ファンが開発され、防音のためのケースも使用されるようになっていますが、根本的にファンの音がしてしまう問題は解決不可能でしょう。

もう一つは劣化が予測しやすい点であり、ファンベルトのように突然切れて使えなくなってしまうという問題は発生しにくいのがバッテリーです。

充電と使用を繰り返しているうちに容量が少なくなってきてしまいますが、ECO-POWERのように定期的に点検を行ってメンテナンスをしていれば問題はないでしょう。

ベルトのようにふとした拍子で切れてしまったために動かなくなるというリスクがないのはバッテリーのメリットです。




コメントを残す