発電機のレンタルがうるさいと思うときはエコパワー

電源コンセントのない場所で電化製品を使いたいという場合、かつては発電機をレンタルすることが一般的でした。

屋外のイベント会場とかレジャーで発電機を据え付けて電化製品を使っているのを見たことのある人、あるいは自分で使ったことがあるという人もいるかもしれません。

このような発電機は基本的には自動車やオートバイなどに使われているエンジンと似たようなもので、ガソリンや軽油を燃焼させることで得られた動力を、タイヤを回転させることに使う代わりに電気エネルギーに変換するものです。

燃料を確保する限りは連続的に発電できるというメリットがあるのですが、欠点もあります。

その一つはうるさいということです。

自動車やオートバイのエンジンがそこにあるのと同じなわけですから、これは致し方ありません。

実際に利用するときにも、人が集う場所からはできるだけ離れたところに設置されることが多くなります。

騒音だけではありません。ガソリンや軽油を燃焼させるのですから酸素を消費し、二酸化炭素など排気ガスが生じます。

そのため基本的に屋内では利用できません。

場合によっては屋外であっても換気条件の悪い場所では一酸化炭素中毒の可能性があります。

これらの欠点を解消する方法として有力なのが発電機の代わりにエコパワーを利用することです。

これは一種の充電式電池です。

電池から電源を供給しますので、うるさいというようなことは一切ありません。

空気も汚さず、屋内でも安心して利用することができます。

問題があるとすれば、燃料を追加することで発電時間を延ばすなどということができないことです。

電源はその電池容量までしか供給できません。

ただしこの問題も、必要容量に合わせて複数台のエコパワーをレンタルすることで十分に解消することができます。


何度も使用する予定がある方は購入してしまったほうがお得かもしれません!
購入はコチラ!





コメントを残す